痛くない!切らないフェイスリフトで小顔を作る

女の人

施術時間が30分程度です

ウーマン

特殊な糸を皮膚組織に挿入

年齢を共に皮膚のコラーゲンやエラスチンの量が減少してくるため、頬やフェイスラインにたるみが目立ってきて、年齢肌が気になっている人が増えてきます。メスを使用するフェイスリフトは高い効果が期待できますが、費用も高額になりがちですし、施術後は多少のダウンタイムがあるので、忙しい人にはあまり向いていません。美容外科のクリニックでは、切らないフェイスリフトの施術を行っています。先端に突起などが付いている特殊な医療用の糸を真皮層や皮下組織に挿入をして、引き上げることで、お肌にハリや弾力を与えてシャープなフェイスラインになれます。切らないフェイスリフトの糸を使用する方法は、施術時間が30分前後と短時間になっており、施術後のダウンタイムも少ないのが特徴です。施術を受けた後は、3週間から5週間ぐらい経過すると、皮膚の組織が修復してくるため、エラスチンやコラーゲンの生成を助ける働きあるので、お肌にハリを与える効果があります。切らないフェイスリフトは、糸を使って皮膚を修復する働きがあり、糸が溶けきる1年から、2年ぐらいの間は効果が持続するので、多くのメリットがある方法です。40代、50代を過ぎて、お肌の老化が気になっている人は、美容外科の医師に診察をしてもらったり、治療の方法をきちんとアドバイスをしてもらう必要があります。切らないフェイスリフトは、安全性に優れており、とても自然な仕上がりなので、多くの人が施術を受けています。